園の特色

教育及び保育の目標

心身を健全にし
天賦の才能を発揮し
交際の情誼を知得し
善良なる言行を習得せしむる

この教育目標は幼稚園開園時に定められました。
建学の精神を今もなお受け継ぎ確固たる信念と創意工夫により、特色ある幼児教育を行っています。

教育の特色

  • 乳幼児に関する専門的知識の下に、子どもにとっての最善を考えて教育保育を行い、個々の発達段階に適した対応を一人ひとりに行います。
  • 園の活動は全てあそび(教育)をとおして総合的に行われます。
  • 個々の子どもが興味のある(好きな)活動を主体的に行える適当な環境をとおしてあそび(教育)を行います。
  • 成果の向上を図ると共に、プロセスの質を向上させることで非認知能力を獲得します。非認知能力は、生きる力及び人格形成の基盤となる能力であり、幼児期に獲得すべき最も重要な学力です。(例:やる気、優しさ、自信、向上心、創造力、集中力、表現力、感覚、忍耐力、楽観性、 社会性、計画性、自己肯定感、知的好奇心、感情抑制、自己解決能力など)
  • 主体的で対話的に深い学びを行うアクティブラーニングでは、特に答えのない問題に協働で立ち向かい、「正解」ではなく、その都度の「より良い解」を求め続ける力、思考力、応用力、工夫する力を養います。
  • 縦割り(異年齢)の活動をとおして、社会性、優しさ、自己肯定感、自信を養います。
  • 運動あそびをとおして、身体機能とリズム感の一致を図り、様々な感覚を養います。
  • 英会話を毎日行うことで、正しい発音と聴き取りを習得し、会話力が上達します。平成30年度よりあそびをとおして行う英会話活動を全園児対象に毎日行います。
イメージ

給食

  園内の調理室で調理した給食を、発達、月年齢に合わせて提供しています。
出来立ての温かい給食を食べます。
栄養士が栄養計算をしてバランスのよい献立を立てています。
農業体験等の食に関わる園の活動と給食が結びつくような食育を行います。
一人ひとりに応じた食物アレルギーに対応しております。除去食が必要な方は事前にご相談ください。
運動会、遠足、どきどきデーなどの園行事で、お弁当を持参する日があります。

  • 給食の一例
  • 芽キャベツの収穫
  • 農業体験(さつまいも掘り)
  • おにぎり作り

服装、持ち物

制服はありません。活動の妨げにならないような動きやすい服装で登園します。
園指定のカバンはありません。手作りか市販の物を準備していただきます。

通園バス

通園バスは支給認定の種類にかかわらず、満3歳以上のお子様がご利用いただけます。
バスの利用料金についてはこちらをご覧ください。

通園バス

平日の保育時間

通園バスは支給認定の種類にかかわらず、満3歳以上のお子様がご利用いただけます。
バスの利用料金についてはこちらをご覧ください。

時間表